社会福祉法人義澄学園 認定こども園相模野幼稚園

トップ > 園について

園について

沿革

昭和38年に幼稚園として認可を受けて以来、相模野幼稚園は、半世紀以上にわたってこの地で幼児教育を担ってきました。その間に社会は変化し、子どもたちや保護者の方々を取り巻く環境もまた、日々変わりつつあります。この状況に対応し、幼児教育の質を向上し、子育て支援を充実するため、平成29年4月、従来の幼稚園に代わり、教育と保育を一体的に行う幼保連携型認定こども園を開設しました。これにより、保護者の方の就労等の如何を問わず、またお子さんの年齢により分断されることなく、保育から就学前の幼児教育を一貫した良質な環境の下で行うことが可能となりました。

ページ上部へ

教育・保育の方針

当園では、良質な水準かつ適切な内容の特定教育・保育の提供を行うことにより、すべての子どもが健やかに成長するために適切な環境が等しく確保されることを目指します。

3~5歳のお子さんは幼児教育を中心とした日々を過ごし、0~2歳のお子さんは家庭的雰囲気の中で保育教諭とのかかわりに安心感を持ち、ゆったりと一日を過ごせるようにしています。

【教育・保育の目標】

0歳児
保育教諭との関わりから人への信頼感を育み、一人ひとりの生活リズムを整えることを目標とします。
1歳児
安心できる保育教諭との関係の中で、未知の世界に興味を持ち、活発に活動するようになることを目標とします。
2歳児
大人との信頼関係が深まる中で、行動範囲が広がり、友達との関わりや探索活動が盛んになることを目標とします。
3~5歳児
こどもたちの心身の発達と能力の伸長をはかり、「知」「徳」「体」の調和のとれた人間形成の基礎を築くことを目標とします。

【教育・保育の方針】

将来健全な社会人として力強く生き、社会貢献できるような人間になるための基礎づくりをするために、年齢に応じた基本的生活習慣を身につけ、体力の向上をはかり、学ぶことへの意欲と関心を高め、就学へとつながる保育を、全職員で全園児を見守りながら実践します。

≪目指す子ども像≫

「明るく元気な子」 「心豊かなやさしい子」「たくましくねばり強い子」

わかりやすく…

いごまで んばる子 んななかよし びゆく子」

ページ上部へ

アクセス

  • 学校法人義澄学園 認定こども園相模野幼稚園
  • 理事長・園長 角田德久
  • 〒252-0137 神奈川県相模原市緑区二本松 3-9-12
  • TEL 042-772-2915   FAX 042-771-8977
  • (JR/京王線)橋本駅北口 三ヶ木行バス「森の上」停より徒歩5分
ページ上部へ